産業振興センター診療所

産業振興センター診療所

MENU

所長ページ

chief's page

歴代愛車およびレース車両VEHICLE PHOTOS

  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真

JAF公式戦戦績RESULT

2023年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

  • Rd1 4月2日 予選5位/決勝4位
  • Rd2 7月23日 予選4位/決勝4位
  • Rd3 9月24日 予選3位/決勝3位
  • Rd4 10月7日 予選3位/決勝4位

2022年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

  • Rd1 4月3日 予選4位/決勝4位
  • Rd2 6月25日 予選5位/決勝4位
  • Rd3 7月24日 予選6位/決勝6位
  • Rd4 9月25日 予選3位/決勝4位

2021年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間3戦)

  • Rd1 4月10日 予選5位/決勝5位
  • Rd2 6月6日 予選5位/決勝DNS(予選でのマシントラブル)
  • Rd3 10月17日 予選5位/決勝6位

2020年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間3戦)

  • Rd1 8月1日 予選DNS(エンジントラブル解消できず)
  • Rd2 11月15日 予選5位/決勝5位(エンジンブローにより8周で終了)
  • Rd3 12月12日 予選4位/決勝4位

2019年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

2019年富士チャンピオンレース

  • Rd1 5月12日 予選10位/決勝8位
  • Rd2 8月31日 予選4位/決勝4位
  • Rd3 9月21日 予選2位/決勝2位
  • Rd4 10月19日 予選5位/決勝3位
  • 年間ポイント:27点/3位

2018年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

2018年富士チャンピオンレース

  • Rd1 4月7日 予選5位/決勝4位
  • Rd2 5月13日 予選5位/決勝3位
  • Rd3 8月25日 予選6位/決勝5位
  • Rd4 11月18日 予選7位/決勝7位
  • 年間ポイント:22点/4位

2017年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

  • Rd1 4月16日 予選6位/決勝6位
  • Rd2 6月25日 予選3位/決勝5位
  • Rd3 8月20日 予選8位/決勝7位
  • Rd4 10月28日 予選9位/決勝5位
  • 年間ポイント:16点/6位

2016年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

  • Rd1 4月2日 予選4位/決勝4位
  • Rd2 6月26日 予選6位/決勝4位
  • Rd3 8月21日 予選5位/決勝6位

2014年8beat(JP2S)

  • Rd3 8月31日 予選3位/決勝8位

レースレポートRACE REPORT

2023年10月7日 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) Rd4

2023年10月7日
2023年10月7日

10月7日に富士チャンピオンレース最終戦が行われました。10月はピンクリボン月間で、指定スリックタイヤの供給メーカー、ダンロップがピンクリボン運動に協賛しているとのことで、ボディに貼るシールもピンク、腕にもピンクのブレスレッドをすることになっていました。当日はドライコンディションで、予選は2分2秒982でクラス3位で決勝は6番グリットからの出走でした。決勝はスタートはうまくいったものの、その後の1コーナーで同クラスの車に抜かれ、そのまま挽回できずに4位でフィニッシュでした。今シーズン1回も表彰台に上ることができずに終了しました。レース中の写真は小宮氏が撮ってくださったものです。来季はおそらく新型車の投入となります。心機一転表彰台を目指して頑張ります。

おまけ

10月29日に行われたTC-2(筑波サーキットでのJAF非公認2時間耐久レース)は、私は横浜マラソンの救護の仕事で出られませんでしたが、いつもの若者が2人で出場し、見事クラス優勝を決め、今年度の年間シリーズチャンピオンを獲得しました‼

2023年10月7日

2023年7月23日 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) Rd2

2023年7月23日

7月23日に行われた富士チャンピオンレース第3戦は晴れの天気の下に行われ、予選は2分4秒231予選クラス4位、綜合9位でした。決勝は集中力を保ち、後半だいぶ追い上げましたが、前車に届かず4位といういまいちな結果でした。

おまけ

7月30日に、気温35.4℃、路面温度56.0℃となる炎天下、筑波サーキットで2時間耐久レースTC-2第3戦(JAF非公認=草レース)がありました。第1戦、第2戦で同クラスのFITに惜敗を期しており、何とか雪辱を果たしたい1戦でした。いつもの若者2人(20代)と3名チームで出場しました。全出走台数は20台、ポルシェやBMW等が走る中、予選は若手が走り、総合12位(クラス1位)で終了しました。午後2時30 分から2時間、過酷なレースが行われました。レースはセーフティーカーが4回入る荒れ模様のレース(最後は赤旗中断⇒終了)でしたが、今回それがガソリン消費の節約につながり、FITに一度も抜かれることなくクラス1位、総合9位でした。次回は10月、優勝すれば年間シリーズ第1位です(私は横浜マラソン救護で出場不可)。

2023年7月23日

2023年7月23日

2023年4月2日 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) Rd1

2023年4月2日

4月02日に富士チャンピオンレースの第1戦が行われました。新型BRZのレーシングカーはまだ製作中の為、今までの車で出場でした。天気は曇りで路面はドライ、予選が午後からでした。予選タイムは練習不足がたたり、2分03秒913でクラス5位、8番グリットからのスタートとなりました。決勝は夕方からスタートで、わずかに雨がちらつきましたが、ドライコンディションでスタート。途中までは先頭集団に何とかついていきましたが、次第にズルズルと遅れはじめ、他クラスとの絡みはありましたが、最終的に4位フィニッシュでした。レース後に練習に行きましたが、走り方を再度全面的に見直し、今までの最速タイム(2分02秒056)がでました。ただ、現在出場しているクラスの予選トップタイムは2分01秒台前半なので、さらなる練習が必要です。が、少し良い兆しがでてきました。次戦は7月ですが、新型車両はギリギリ出来上がるかという感じですので、細かいセッティングや練習などを考慮すると、第3戦からの投入かと思われます。

2023年 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) 番外編⑥

さて、昨年1月から開始した、新型BRZレーシングカー化ですが、いよいよ最終段階に入ってきました。2024年1月26日にカラーリングが終わりレース屋さんに帰ってきました。この時点でエアロパーツは外してありますが、この後エアロパーツ装着、コンピュータを書き換えたらいよいよ完成です。

番外編⑥

番外編⑥

番外編⑥

2023年 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) 番外編⑤

さて、1月から継続していた新型BRZのレーシングカー化ですが、ようやく8月20日に富士スピードウェイでシェイクダウンしました。といっても、スピードリミッターは切れてない、コンピュータもいじってない、エアロパーツはついていない、外装もやってない、なんとまだ“ナンバー”がついているという状態でした。外から見ると見た目は普通の乗用車でした。朝1番で走り始めましたが、まず1周ぐるっと回ってピットにかえって車両のチェックをすると、ドライブシャフトやマフラーにグリースが飛び散って…。ひとまず拭いてさらに2周してきましたが、再度グリースが飛散。とのことで、はじめの30分走行枠は3周で終了。ディファレンシャルギア(LSD)からドライブシャフトが出ているところのブーツが新型車両では硬いプラスチックになっているようで、スリックタイヤで駆動系への負荷が強く発熱でグリースが吹き出してしまったようです。それ以外にもデフクーラー(LSDを強制的に冷やすもの)のヒューズが切れて作動しなくなったりしました。メカニックが何とか対処して、次の枠の走行に間になんとか合いました。次の枠は2周してもどって、車両チェックしたところ特に問題なかったため、その後は全開走行ができました。ただスピードリミッターが効いているので183㎞/h以上は出ない状態でした。それでもタイム的にはまずまずのタイムが出たため、今後完成した時が楽しみです。実戦への投入は来季になりそうです。

番外編⑤

番外編⑤

番外編⑤

2023年 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) 番外編④

さて、今年の1月から製作していた新型BRZのレーシングカーですが、数々の問題を処理しつつ、6月12日の時点で、まだ外装はしていませんが、トランスミッション(変速機)を分解して、レース中に折れると言われている3-4速のシフトフォークを対策部品に交換作業中です。写真のステアリングは、レースのサポートをしていただいているATCの社長からいただいた開発第2号の試作品です。

番外編④

番外編④

2023年 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) 番外編③

3月15日に製作現場に行ってきました。ボディの補強が終わり、内部は白でキレイに塗装され、ロールバーが入っていました。最近の車は電子制御に関連する部品やコード類が多く、うっかり外してしまうと安全装置が働いてエンジンがかからないなどの不具合が出ます。すべての部品やコード類が何をやっているかは分厚いマニュアルを参照する必要がありますが、まだ手に入れてないとのことでした…。そういえば今使っているレーシングカーもエンジンブローした際に、後期型のエンジンに乗せ換えようとしたらエンジンがうまく機能せず、2020年の第1戦で走行前にリタイヤしたことがありますが、同じ車なのにいろいろマイナーチェンジがされ、電子制御のパーツかなり複雑化しています。プライバシーガラスの件は、監督に確認したところ、最近は暑さ対策でわざわざフィルムをはるレーシングカーもあるとのことで、そのままにすることにしました。ホイールが17インチに指定されたため、ホイールを3セット12本買う必要が出てきました…。

番外編③

番外編③

番外編③

2023年 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)) 番外編②

2月5日時点でようやく前掲レシピ①の状態になったところです。車の中はからんどうとなり、メーター類などの細かい部品が車内におかれています。快適だったクーラーも外され(右下の重そうな部品)、夏のレースは灼熱地獄となります。ここで初めて気が付いたことが、トヨタの86はリアガラスが全グレード透明なのに対し、BRZのほとんどのグレードはプライバシーガラスになっていることです。レースでの視界確保が重要なので、ガラスも交換する必要が…。レース初戦は3月終わりか4月初めとのことで、おそらく初戦には新型投入は間に合わないと思われます…。
(写真上左:フロント部分とダッシュボードを外したパーツ 写真上中:車内フロント方面 写真上右:車内横方向 写真下左:車内後方、プライバシーガラスにあぜん 写真下右:クーラー関連部品、重そう…)

番外編②

番外編②

番外編②

番外編②

番外編②

2023年 富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1))番外編①

さて、N1カテゴリーの新型BRZのレギュレーションも決まり、いよいよレーシングカーの製作に取り掛かります。1月9日現在まだ車はナンバー付きのまま手元にありますが…。ひとますレーシングカー製作のレシピを書いてみました。

N1仕様BRZレーシングカー
不明kcal(1人分) 3カ月

N1仕様BRZレーシングカー

材料(1人分)

スバルBRZ 1台
ホワイトボディ※1 1台分
ボディー関連 ロールケージ 1セット
駆動系 強化クラッチ 1セット
LSD 1セット
デフクーラー 1セット
制動系 ブレーキキャリパー フロント1セット
ブレーキローター フロント1セット
ブレーキパッド 数セット
吸排気系 マフラー 1セット
エンジン補器類 オイルクーラー 1セット
ラジエター 1セット
足回り ダンパー 1台分
バネ 前後数セット
ホイール 3セット
空力パーツなど外装 エアロパーツ 1式
カッティングシート 1式
その他内装類 ECU※2 1セット
バケットシート 1脚
キルスイッチ 1セット
ハンドル 1セット
追加メーター 1セット
消火器(CO2) 1個
5点式シートベルト 1式

※1 ホワイトボディとは何もついていない、ただのがらんどうのボディで、レーシングカー作製はそこに完成車から必要な部品を移植していく方が簡単ですが、予算や時間の問題で間に合わない場合は(今回は予算の関係で)、なくても大丈夫です。
※2 通常N1仕様ではECUはノーマル書き換えで対応しますが、BRZのECUがインテル製(海外製)となり、いまだ発売以来解析が終わっておらず、リミッターカットや燃料調節などの書き換えもできないため、暫定的にリミッターカットパーツを取り付けすることになっています。
(注)上記の部品以外も様々な部品が必要ですが紙面の関係上割愛させていただきます。

  • ①車をすべて分解し(エンジンやミッション、補器類、足回りやタイヤなどすべて外す)、窓などもすべて外し、ボディだけにします。不要な部分(シートやカーペット、内装、エアコン、ナビ・オーディオなど)は廃棄あるいは売却などします(下処理)。
  • ②ボディに補強(スポット増しなど)をします。必要に応じて、ドアなどの鉄板はぎりぎりまで削り、軽量化を行います。
  • ③ボディにロールケージを装着します。
  • ④エンジン、補器類、駆動系、吸排気系、足回りなどを取り付けます。
  • ⑤バケットシートなど内装類を取り付けます。
  • ⑥エアロパーツを取り付けます。
  • ⑦カッティングシートで外装します(飾り付け)。
  • ⑧試走行を行います(試食)。
  • ⑨ブレーキの調整やサスペンションの調整のためにバネなどの調整を行います(味付け)。
  • ⑩レースに出場します。
今後適宜製作過程の写真を掲載する予定です。