産業振興センター診療所

産業振興センター診療所

MENU

所長ページ

chief's page

歴代愛車およびレース車両VEHICLE PHOTOS

  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真
  • 車写真

JAF公式戦戦績RESULT

2020年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間3戦)

  • Rd1 8月1日 DNS

2019年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

2019年富士チャンピオンレース

  • Rd1 5月12日 予選10位/決勝8位
  • Rd2 8月31日 予選4位/決勝4位
  • Rd3 9月21日 予選2位/決勝2位
  • Rd4 10月19日 予選5位/決勝3位
  • 年間ポイント:27点/3位

2018年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

2018年富士チャンピオンレース

  • Rd1 4月7日 予選5位/決勝4位
  • Rd2 5月13日 予選5位/決勝3位
  • Rd3 8月25日 予選6位/決勝5位
  • Rd4 11月18日 予選7位/決勝7位
  • 年間ポイント:22点/4位

2017年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

  • Rd1 4月16日 予選6位/決勝6位
  • Rd2 6月25日 予選3位/決勝5位
  • Rd3 8月20日 予選8位/決勝7位
  • Rd4 10月28日 予選9位/決勝5位
  • 年間ポイント:16点/6位

2016年富士チャンピオンレース(86&BRZクラス(N1)、年間4戦)

  • Rd1 4月2日 予選4位/決勝4位
  • Rd2 6月26日 予選6位/決勝4位
  • Rd3 8月21日 予選5位/決勝6位

2014年8beat(JP2S)

  • Rd3 8月31日 予選3位/決勝8位

レースレポートRACE REPORT

2020.Rd.1レポート

2020.Rd.1レポート

レース前週7月25日に大雨のなかでの練習走行中、アクセルを踏んでもパワーが出ないため、ピットに戻ったところ、エンジンブローしていることが判明。コース管理の人があとからピットに来て、“今の枠はフェラーリとあなたの車しか走っていませんでしたが、コース上にオイルがまかれていました。大丈夫ですか?”といわれ平謝り。ついでに以前から調子の悪かった(3速が入りにくかった)ミッションも、とうとう入らなくなりました。エンジンはオーバーレブをしたわけでもないのですが、もともとスバルのこのエンジンはバルブスプリングに不具合があり、その影響でしょうか?1週間後に本番を控えてあまり時間がなく、次のエンジンはたまたま?アバンテが事前にネットオークションで購入していた、後期型のエンジンがあるとのこと。いままでより5馬力アップするし、エンジンの欠陥も解消されているとのことで、後期型に載せ替えの方針になりました。ミッションは時間がないのでナンバー付きの青いBRZのミッションを下ろして使うことに。

2020.Rd.1レポート

昨年度は最高位2位、シリーズ3位でしたが、今年4月の練習走行で非公認ですが86&BRZ N1カテゴリーのコースレコード(2分2秒693)を上回るタイム(2分2秒599)を出していたために、今シーズンはようやくの初優勝をかなり期待していました。レースの3日前に“エンジン載せ替えたけどエンジンがかからない” と連絡あり、2日前に“エンジンは何とかかかったけどコンピュータなどのセッティングが合わないので出力があまり出ない”と連絡あり、前日夕に“コンピュータの書き換えができず、今から青いBRZのエンジンに載せ替えを試みるか”と連絡がありましたが、ミッションのついていない車をその時間から取りに来て、翌早朝からのレースは無理と判断し、レース当日リタイヤ届を出しました。調べると今までに前期の車に後期型エンジンに載せ替えに成功したレース屋はいまのところないようでした。予選の時にはまだ、“222号車松下はまだコースインしていません”など実況放送されていましたが、車はローダーの上、エンジンルームには動かない真っ赤なインマニの後期型エンジンが…。